ふたたびのよろこび


「とりづくし」(鈴木出版)

僕が絵本作家として活動していけるようになったきっかけは、内田先生との絵本があったからです。デビューする前、まだ何も知らなかった自分に
「絵本の絵を」
と声をかけてくださいました。

文章で書いていないことを、絵で描く楽しさ。
短いテキストの中の、その裏側を想像して絵をつける喜びを教えてもらいました。
その後、絵本のお仕事を続けるうちに、それがちょっと特別だったこともわかりました。

2000 解放出版社 内田麟太郎



また、機会があったら特別な文章に絵を描かせてもらえたら。
すんごくすんごく、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。