たんじょう会


たんじょう会はきょうりゅうをよんで 如月かずさ・作 (講談社)

童話の挿絵を描かせてもらいました。コテコテじゃない絵、楽しかったです。誕生会っていまの子どもたちもやっているのかな?友達の誕生会に行くのは平気だったけど、自分の誕生会は、すごくすごく苦手で「やらない。やらなくていい」って言ってた記憶があります。主役という立場がすごく居心地が悪いからという理由だったと思います。
「俺のことはもうほっといてくれ」というあの気持ちは、いったいどこから来たんだろう?まだそんな気持ちが心の中に残っているのに、なのに、なのに絵本作家みたいなことしてるし、、ああ。なぜ。


本のなかのイラストはカラーの絵と白黒の絵があるのですが、最後もうろうとしながら描いていたら、間違えて白黒の絵をカラーで描いてしまいました。進行チェック表みたいなものを壁に貼って、確認しながら描いていたのに全然気がつきませんでした。24ページの絵です。ぜひお手にとって見てみてください。あはは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。