4分だけ

中学生の頃、近所のおばさんから言われて恥ずかしかった言葉
「偉いわねえ。いつも夜遅くまで石井くんの部屋の電気がついてるから、すごいわ〜こんなに遅くまで勉強して!っておばさん思ってたの!頑張ってね」
なんのことはない。今日こそ勉強4時間頑張る!と決めて、すぐに眠くなり
「ご、5分だけ、、、」
と横になったまま、電気もつけっぱなしでめでたく就寝する日々だったのだー。

あれから十数年(も、もっとか?汗)たった今でも
「今日どれだけ仕事(勉強)できるか?問題」は解決しないままなのです。

綿密な予定表を作ってみたり、誘惑となるゲームを全部売ったり、やる気のでる本を読んだり、いろいろと試してみたけど、うまくいかなくて締め切りギリギリに一気に描いたりしてなんとか乗り越えていたけど、もう身体が痛いです。絵本作家とかフリーランスの仕事は「上手に自己管理できるかどうか?」ってかなり重要な要素な気がします。

いまはタイマーを4分にセットしてその間はとにかく描く、4分たってやめてもいいし、続きを描くときはまたタイマーを4分にセットして続けています。掃除も最初は嫌だけどやりだすと、いつの間にかあっちこもっこちも、、というあの感じに似ています。

でもこれもいつまで続くか、、アスリートの人がメンタルトレーナーの人と相談しながらトレーニングしているのをニュースとかで見ると
「作家にも必要だわーレッスン受けてみたいぜー」
と思うのでした。

IMG_1911-min

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。