鉄塔をたどる旅 1章その1 たぬき

ふらふらと

どこかに行きたくなったので

理由もなく鉄塔をたどってみました

どこまでも どこまでも

ふらふらと遠くへ

行くのでした



自転車で散歩  2004.9.10より再掲載

g4-1
フラフラと自転車にのって
散歩していたら見えた鉄塔。
う~ん、かっこいいなあ。
でかいし、鉄骨むき出しだしあとは
えーとえーと・・まあいいや。


なんとなく、鉄塔をたどってみたく
なるのでした。

ぼくの好きな映画
「鉄塔武蔵野線」
みたいじゃん!と一人でにやにやしながら
走る姿はとってもあやしいと思うのだった。

g4-2
よく見ると、
鉄塔に番号がふってあった。
確かさっき見た鉄塔は100番だった。

ということは、これをず~っと
たどっていくといつか1番の鉄塔に
行き着く!!う~ん見てみたい!

ますます映画と一緒じゃん
と自分に突っ込みを入れるのでした。
たぶん、インターネット等で調べたら簡単に分かるのだろう。
でも実際に自分の体を動かして調べるのとは、全然違うことだと思う。

作家というものは、もっとこういうことをしなければいけないんだ!
体験するんだ!自ら動くんだ!

と、言い訳して絵も描かずシメキリも忘れたふりして、フラフラ・・・
どこまで続いているのかなあ

g4-3

途中気になったものを
写真に撮ったりして
ゆっくりゆっくり、鉄塔を
たどっていく
g4-5


あ、お蕎麦屋さん発見








g4-4
ぎゃーーーー!!
巨大たぬき!!こ、怖い。
なんて顔してるの!?お客さんは逃げ出さないのだろうか?

そんな心配をしながら、放浪は続く

g4-6

たどった鉄塔No.100~No.88

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。