なにもしらない映画

先日、日本を飛び出して旅をしてきました。途中立ち寄った町に一軒だけあるという映画館を見つけ、えいやと飛び込んでみました。だいぶ古い建物だったけどちゃんと手入れがされていて、きっとすごく大事にだいじにされているんだなあと思いました。今も大事に使ってもらっているおばあちゃんのちゃぶ台みたいな感じでした。

2013:4:1

なんの前情報も無しに見た映画はエジプトが舞台でした。旅の途中でそのままエジプトまでついでに旅してしまったような不思議な気持ちになりました。旅の途中だったことと、映画館を偶然見つけたことと、エジプトが舞台の映画が、まぜまぜになってほわーっと美味しかった。

今の生活は「損したくない」という気持ちが強すぎる気がします。予告を見てレビューを見て見に行く映画ばっかりだし。なにもしらない道を歩いて、なにもしらない料理を食べて、なにもしらない映画を見る生活をしたいな。

ほぼ嘘の日記でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。