なくらし展ありがとうございました。

おに山田氏とのふたり展も無事に終了しました。
来てくれたみなさん、どうもありがとうございます。


(会場はこんな感じ)

そして、来てくれたにもかかわらず、お会いできなかった方も
たくさん居たようで、申し訳なく思います。
本当にごめんなさい。

でも、そんなところも含めて
なんだか久しぶりに手作り感満載の展覧会をした気がします。
まだ絵本作家としてデビューする前の名古屋でやった個展を思い出します。
なにをどうしていいのかも分からず、DMには画廊の営業時間を記載するのを
忘れたり、最寄りの駅さえ書いてなかったり、
誰も来ないのでテレビ塔の前でDM配ってみたり。



なんだか分からないけど、面白い事したい。

そんな気持ちに突き動かされて、生きていた様な気がするなあ。
今回も、
「なんの意味があるの?」
「そんなの誰が見るの?」
そんなことを言われるのは百も承知で、
(自分たちも半分ぐらいはそう思っていても)
ポッドキャストを録ってみたり、で、案の定だったり。
いったい何がしたいのか分からないけど
なにかやってみたかったのだと思う。

ありがたいことに、そして恐ろしい事に
おかげさまで絵本作家として仕事ができて
ありがたいことに、おそろしいことに
いいですね、いいですね、と言われる事が増え
そういうモノを少しでも壊したい
そういう世界から少しでも外に出てみたい
そんな思いもあって今回やってみたけど
まだまだ真面目だよなあ、自分笑。
もうちょっと、飛び出せるのかな?と思ったけど
そうでもなかった。
そんな、なくらし展でした。

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。