船の話

ふね1ふね2ふね3

すっかり忘れていたちび絵にまつわる話。
最近いろいろやりたいと言って、ぬいぐるみだったり
版画だったりやるのはいいが、途中でやりっぱなしが多い。
これではいかん。ちび絵の話もせめて100話ぐらいは書きたい。
というわけで。今回は船の話。


船はかっこいい。
海に浮くのがかっこい。重いのに。

子供の時に読んでた本に
「実験してみよう!
粘土をサイコロの形にして水に浮かべようとしても沈むけど
そのサイコロを船の形にしてごらん?
ほ〜ら、同じ粘土なのに形が違うだけで浮かぶよ!ふ〜しっぎ〜!」
というコーナーがあったので、さっそく粘土を取り出し試してみた。
なるほど、たしかに船の形にしただけなのに浮かぶ!
どっちも重さは一緒なのに!すごい!
子供ながらに感動したのを覚えている。

でも、実験後。
びしょびしょ、ヌルヌメになった粘土を片手に途方にくれた。
「ど、どうしたらいい?」
タオルなんぞで拭いた日には、かーちゃんから目ん玉飛び出るぐらい
怒られることは子供でもわかる。
とりあえず、船の形のままではかさばるからサイコロに戻そうと思い
ぐっと力をこめると、水に浸った粘土はなんともいえない感触。
気持ち悪い、、、。
その後、その粘土をどうしたのかはよく覚えていない。
あの実験のコーナーを書いた人は、実験後のことも考えて欲しいものだ。

とにかく!船はかっこいい!という話でした。



関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。