新刊「たんけんケンタくん」



今日出版社さんから絵本の見本が届きました。
本屋さんに並ぶのはもうちょっと先ですが(三月中旬ぐらい?)
一足先に紹介します。

たんけんケンタくん――かいぶんえほん (クローバーえほんシリーズ) 文章は石津ちひろさんで佼成出版社からでます。

Amazonの紹介文より引用
ケンタ君がタカおじさんから招待されたのは、回文の島。猫も雲も椅子も、「回文にして~」って言ってくる。「ねこのこね」「くもくももくもく」「すいとうとイス」。どんどん作ってたら、だんだん楽しくなってきたから、なんでもかんでも回文にしちゃうぞ! 楽しい絵と回文が満載の絵本。 <ここがポイント> ・言葉遊びが楽しめます。 ・空と海が美しい、夏の島が舞台です。 ・最後に登場する回文が、びっくり!


絵本の中で何個も回文がでてくるのですが、
僕は、それを描き文字で描く際に何回も間違えてしまいました。
石津さんは文字が映像として頭の中にはっきりと浮かんで見えるそうですが
ぼくには全然見えません、、。
普段もお店の場所はすぐに覚えるのに、
お店の名前はなかなか覚えることができません。
人の名前も覚えるのが苦手です。特に女の人の名前
「りえ、りさ、えり、、?ゆか、かゆ、りほ、ほり、、、」
いつも文字がぐるぐるぐるぐる頭を回っています。

ちなみに朝青龍の本名は
ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ
らしいが、これはこれで覚えにくい。
ゴンザレス!
ぐらいが、覚えやすくて強そうだし一番いいなと思う。
石井ゴンザレス!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。