やったね師匠

以前、造形教室のお手伝いをしていたのですが
いや、お手伝いというより無理矢理
「どうかここでアルバイトとして雇って下さい」
と頼み込んで
「いいよ」
と言ってくれた深沢アート研究所の山添さんとカブさんが
最優秀賞を受賞しました
ぱちぱちぱち
http://www.wsc.or.jp/6th/award-kekka.html
最近自分のところにも絵本作家ということで
ワークショップして下さいというお願いがよく来ます
その時思い出すのが山添さんの
「シンプルな方が良いよ、シンプル」
という言葉です。
僕はワークショップなにしようかなと考える時
ついつい複雑に考えてしまいます。
あれも用意してこういう手順で、その後こうなって、最後はこれを追加して、、、。
そんなワークショップはとてもつまらないものになります。
山添さんたちの活動を側で見ていて
いつもおいしいご飯のようだなと思っていました。
長新太さんの絵本を読んでいる時の感じに似ています。
甘すぎず、辛すぎず、シンプルで身体の芯の方から温かくなるご飯です

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。