かんさつ日記(カメ編)しゅーしゅーと空気の漏れる音

カメを飼っていたのでかんさつしてみた

カメを飼っている時期がありました。あんなに大変だとは思いませんでした。ぼろアパートの狭い部屋、大きな水槽なんて買えないので衣装ケースに水を張り、三日であっという間に汚れる水に泣き、臭う水、匂うカメ、ああ、だからクサガメなのかとまた泣き、ポンプを買い、紫外線ライト、水温計、足を怪我すれば爬虫類専門の病院まで連れていき軟膏を塗りぬり、、こいつカメなのにただのカメなのに、、。そう思いつつ、見て見ぬ振りをできない律儀な自分の性格に苦笑い。そんな日々でした 2008年頃のお話です。
1

2


かんさつ日記 カメ編1空気もれてる
かんさつ日記 カメ編2人間とは逆だった
かんさつ日記 カメ編3熱い視線

2 thoughts on “かんさつ日記(カメ編)しゅーしゅーと空気の漏れる音

  1. はじめまして?
    (^_^)/
    今日初めて娘と拝見しました。
    観察日記、とっても楽しくて、亀の鼻息大爆笑でした。
    イス君のファースタイルも衝撃的でしたね。
    絵だけでなく文章も面白いですね〜。

    また、親子ともに日記、楽しみにしています。

    1. こんにちは、はじめまして。コメントありがとうございます。
      亀の鼻息けっこう大きな音でした。
      どんなことでも、じっくり観察してみると面白いなと思う今日この頃です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。